学校法人 実学舎 埼玉県知事認可校 埼玉コンピュータ&医療事務専門学校

お問い合わせ 0120-710108

カリキュラム クリエイター科

学科・コースごとに資格取得のためのカリキュラムを組んでいます。

凡例 ●通年履修、▲半期履修
◎ソフトは業界でよく使われる標準ソフトを使用しています。

専門科目 必修

授業科目名 履修年次 授業内容(概要)
1年 2年
コンピュータの基礎 コンピュータの基礎知識、Windows環境でのパソコンの操作、Wordによる文書表現・ビジネス文書作成、Excelによる表計算機能の操作技術を習得し、日商PC(文書作成)検定の取得をめざします。
コンテンツ基礎 「Maya」※1を使って、3次元CGが描ける技術を習得します。またHTML※2とCSS※3を使ったWebデザインの技術を学びます。
イラスト基礎 イラスト制作の基盤となるソフト 「Illustrator」※4の技術を習得します。
イラスト応用 「Illustrator」※4や「Photoshop」※5の基礎を固めると共に応用力を高め、デザイン、イラストに反映できるようにします。
画像基礎 「Photoshop」※5を使って、写真画像などのビットマップ画像※6を扱う技術を習得し、作品を制作します。
画像応用 1年次に引き続き、「Photoshop」※5を使って、より高度な技術を習得します。印刷物やWebなどのデジタルコンテンツ作成の応用力を身につけます。
パース技法 パース※7の知識と技術を習得し作品制作をします。
デッサン デッサンを通し、物の捉え方や見かたを養い、創造的に作品が制作できる能力を身に付けます。
色彩演習 色彩の科学的理解とデザインに求められる色彩のセンスや表現力を養い、色彩検定の合格をめざします。
ポートフォリオ制作Ⅰ 就職活動で使用するポートフォリオ※8を制作します。このポートフォリオは就活時に企業に持参しプレゼンテーションをします。
ポートフォリオ制作Ⅱ 1年次に制作したポートフォリオ※8の完成度を上げます。
公募制作 コンクールなどの外部のコンテストに出品する作品を制作をします。
作品制作 作品の企画力を身につけます。企業と連携し、より高度な2DCG、3DCGの表現力を身につけ、作品を制作します。
卒業制作 1年度に習得したさまざまな技術をもとに、より完成度の高い卒業作品を制作します。

専門科目 選択

授業科目名 履修年次 授業内容(概要)
1年 2年
イラストレータ
グラフィックデザイン演習 グラフィックデザイン(広告、ポスター、チラシ、雑誌、書籍)の変遷等の知識から、レイアウトテクニック、文字組版等を学び、グラフィックデザインとは何かを体系的に学習します。
グラフィックデザイン実習 グラフィックデザイン(広告、ポスター、チラシ、雑誌、書籍)の理解と、印刷編集ソフトAdobe Systems 社の「InDesign」の技術の習得をします。
作品研究Ⅰ 「Illustrator」※4と「Photoshop」※5を使用してイラスト制作を行います。
作品研究Ⅱ 1年時で学んだ知識と技術をもとに、より高度な専門的知識と技術の習得し、作品を制作します。
デジタルイラストレーション キャラクターをベースに、ポスターやカード、パッケージデザインなどを商品企画から制作まで行います。
コンテンツ応用 1年時のコンテンツ基礎で習得した3DCGの知識と技術をもとに、より完成度の高い3D作品を制作します。
3D グラフィック
3DグラフィックⅠ 「Maya」※1を使って、3Dデザインの技術を学びます。特に3Dの見え方を決めるマッピング※9について詳しく学びます。
3DグラフィックⅡ 3D作品の見せ方を決めるレンダリング※10の方法と、炎や煙などの表現を含む特殊効果「エフェクト」の使い方、作り方を学びます。
3DグラフィックⅠ実習 「Maya」※1を使ったモデリング※11の技術を学びます。メカニカルな物体のモデリングを中心に学びます。
3DグラフィックⅡ実習 1年時に学んだ技術をもとに、人物などのキャラクターのモデリング※11を中心に高度な表現を学びます。
作品制作Ⅰ 「Maya」※1を使ったアニメーションの技術を学びます。直線的な動きから、伸び縮みする動き、簡易なリグ(骨組)をつかったアニメーション技術を学び作品を制作します。
作品制作Ⅱ 1年時に学んだ技術をもとに、人形のリグ(骨組)を使ったキャラクターアニメーションの高度な手法を学びます。また、実際の人間の動きのデータをコンピュータに読み取るモーションキャプチャの利用方法を習得します。
ゲームデザイナー
3DグラフィックⅠ 「Maya」※1を使って、3Dデザインの基礎的な技術を学びます。特に3Dの見え方を決めるマッピング※9について詳しく学びます。
3DグラフィックⅡ 3D作品の見せ方を決めるレンダリング※10の方法と、炎や煙などの表現や特殊効果のエフェクトの見せ方などを学びます。またVR※12やAR※13などの使い方も学びます。
ゲームデザイン基礎 ゲームのメインキャラクタ、敵キャラクタ、マップなどゲームを構成する要素の基本的な動きや役割を理解するミニゲームを作成します。その中でキャラクターやユーザインタフェースのデザインも学びます。
ゲームデザイン応用 複数のレベル(ステージ)を使ったシューティングゲームをもとに、どうやったら人を引きつけるゲームが出来上がるかを詳しく学びます。
ゲーム企画基礎 4コマ漫画や紙芝居から始まって、ゲームのストーリーをいかに表現していくかを学びます。そのために必要なプログラミングの手法やアルゴリズムの考え方を学びます。
ゲーム企画応用 簡易なレベル(ステージ)から難しいステージへ変わっていくゲームを企画します。
作品制作Ⅰ グループ(または個人)で1年間かけて、提示されたテーマをもとにゲームを作り上げます。企画から完成まで自分の得意なところをいかしたチーム制作を体験します。
作品制作Ⅱ グループ(または個人)で1年間かけて、自分たちで企画を考えてゲームを作り上げます。2Dか3Dか、それに伴うコストや納期などを含め、製品出荷するまでの実践的なゲーム制作の行程を体験します。

必修

授業科目名 履修年次 授業内容(概要)
1年 2年
キャリアデザイン 今の自分の現状と将来どうなりたいかをもとに、一生の仕事を自ら設計します。さらに就職希望の会社を研究します。これらから、自己PR文や志望動機を考え履歴書を作成します。また、面接時の答え方を考えます。
就職対策 就職活動の心構え、スケジュール、本校のキャリア支援センターの活用法、求人票の見方、電子メールの書き方、面接技術など、就職活動に必要なさまざまなことを学びます。また、筆記試験(適性検査、一般常識)、作文の対策を行います。
HR(キャリア指導含む) 省略

注釈

※1 「Maya」:Autodesk社製の3D(3次元)制作ソフト。
※2 HTML:ホームページを記述するために使われる言語。
※3 CSS:ホームページ作成するときに色やサイズ、出力様式などを記述する言語。
※4 「Illustrator」:Adobe Systems 社製のイラスト編集ソフト。
※5 「Photoshop」:Adobe Systems 社製の画像編集ソフト。
※6 ビットマップ画像:点(ドットという)の集まりで描画する画像。写真画像に適する。
※7 パース:遠近法、透視図のこと。
※8 ポートフォリオ:自らの作品集のこと。
※9 マッピング:3次元の物体に画像などを貼り付け、模様や凹凸などをつける技術。
※10 レンダリング:視点や光源の位置から、屈折や反射,影などを計算し、3次元の物体を表示する技術。
※11 モデリング:描きたい3次元物体の形、大きさ、位置などをコンピュータ内部に生成する技術。
※12 VR(バーチャル リアリティ、仮想空間):コンピュータにより、例えばあたかも水中にいるように思えるような、仮想空間を作る技術。
※13 AR(オーグメンデッド リアリティ、拡張現実):コンピュータにより、例えば、実際のテーブルの上に仮想のティーポットがあるように表示する技術。